バイリンガルがもたらす脳への影響:知能は低下するのか?

バイリンガルへの道

バイリンガルの頭脳:入り組んだ領域

バイリンガルとして育つことは、認知力を伸ばす上でメリットがあると注目されています。

例えば、問題解決能力・想像力・柔軟の柔軟性などが向上すると言われています。

一方で、バイリンガルのデメリットについても注目されています。

例えば、早期に英語教育を始めると、日本語や知能に悪影響が出るといったことが言われています。

ただ結論から言うと、一般的な英語教育で日本語や知能が低下することはありません。

この記事では、特に日本人がバイリンガルを目指す際に、直面するかもしれないポイントに焦点を当て、バイリンガルを目指すことが、言語や知能の低下につながるという考えを否定していきます。

日本の個々のケースに深入りする前に、まず、二言語を話し理解する脳の働きを見ていきましょう。

バイリンガルは、二つ以上の言語を流暢に話す能力やそのような人を指します。知能を低下させるという誤解とは裏腹に、研究によれば、バイリンガルの認知能力はしばしば平均より高くなることが多いようです。

例えば、マルチタスク能力・問題解決能力・認知適応性(思考の柔軟性)が特に高まるようです。

日本語+英語 バイリンガル:特有の課題

日本語はその複雑な文字体系が有名で、漢字、ひらがな、カタカナの3種類もの文字があります。

これらの言語の複雑さもあって、英語など新しい言語を習得しながらも、日本語の流暢さを維持することは大変な作業となります。

以下に、日本語と英語を流暢に話す人が直面するいくつかの壁について掘り下げてみましょう。

a. 漢字の複雑さ

漢字は単語や概念全体を表す表意文字です。何千もの漢字を読み書きできるようになるには多くの時間を要します。

この複雑さは認知的に大きな負荷をかけることがあります。

b. 音韻的な違い

日本語と英語は異なる音韻構造を持っています。英語には日本語に存在しない様々な母音や子音の音があります。

日本語にはない音とその発音をマスターするには多くの時間が必要です。

c. 文法と構文の違い

日本語と英語は文法と文構造においても大きく異なります。英語の文は通常主語-動詞-目的語(SVO)の順序ですが、日本語は主語-目的語-動詞(SOV)の順序を使います。これらの構造の切り替えは認知的に負担になることがあります。

d. 文化的および社会的な違い

バイリンガルはアイデンティティの葛藤や異なる文化の対立に直面するかもしれません。2つの文化を行き来することは心理的にも認知的にも負荷があります。

知能の迷信を解明

日本人がバイリンガルを目指す際にこれらの困難に直面するかもしれませんが、それに知能の大幅な低下を裏付ける科学的データはありません。

むしろ、研究では一貫して、バイリンガルになることは知能を低下させるのではなく、むしろ向上させることを示しています。

バイリンガルになる過程で直面する困難は、自然な学びの一部であり、知能の低下ではありません。

バイリンガルの強み

バイリンガルになる難しさを考えることも必要ですが、ここでは日本人が第二言語(英語)を習得する際の強みを強調してみましょう:

a. 認知的な柔軟性

バイリンガルは、タスクの切り替えや新しい状況への適応力において優れています。この認知的な柔軟性は、現代の変化の速い世界において貴重な力となります。

b. 高い問題解決能力

バイリンガルは、解決に柔軟な思考や様々なアプローチが必要な課題において優れた力を発揮する傾向があります。

仕事でも責任あるポジションであればあるほど、この能力が必要とされます。

c. 高いコミュニケーションスキル

バイリンガルは相手の言葉や文脈を言語的および文化的に幅広く理解するスキルを持っており、様々な状況で効果的なコミュニケーターとなることができます。

d. 文化の豊かさ

新しい言語を学ぶことは新しい文化への扉を開き、多様な視点に対する深い理解を育むものとなります。

このような経験は、異なる考え方や感じ方をする人たちと協力する上で欠かせないものです。

まとめ

まとめると、日本人が第二言語を習得することが、知能の低下につながるというのは誤りです。

確かに、二つの異なる言語を習得するのは難しくはあるものの、得られるメリットは非常に大きなものです。

バイリンガルになることは、認知的柔軟性、問題解決能力、コミュニケーションスキルを向上させる、素晴らしい冒険になるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました