SSUP誕生ストーリー

SSUP誕生ストーリー

子どもが
英語を話せるようになる
スクールをつくる

SSUP代表 武村康平

高校教師・塾講師 7年

米ミシシッピ大学の大学院でTESOL(英語教授法)修士号取得

英検1級、TOEIC990点満点

SSUPは“英語を話せるようになるために必要な要素”を全て詰め込んだスクールです。

今から13年前、ニューヨークで、たった一人、途方に暮れていました。

ここは無人島??

看板や説明はすべて読めない

声をかけても相手の言うことが理解できない

だから何人かに同じこと聞く

電車に乗っても降りたい駅で降りられない

予約した宿のシャワーが冷水

買い方が分からないお店は入れない

買い方が分かっても英語が速すぎて分からない

お店のトイレを借りる時は、英語を何度も復唱

何も知らずに食事代を支払うと、チップをむしり取られる

歩く、食べる、寝るで1日が終わる

まるで無人島にでもいるかのようでした。

これが2ヶ月後には・・・

英語を話せてる??

道端の看板がどんどん理解できる

道に迷ったらスマートに聞く

電車の中ではスマートに席を譲る

シャワーはお湯

知らないお店にも突撃

速い英語は聞き返す、それでもダメなら聞き流す

お店のトイレをスマートに借りる

チップはむしり取られる前に渡す

1日中英語で過ごすのが心地よく感じる

なぜ、こんなことになったのか、少しお話します。

友達、クラスメイト、先生との出会いで一変した

1人ぼっちのニューヨーク・・・

私には子どもの頃から自分が本気になれる仕事をしたいという憧れがありました。

しかし、自分には経験が足りない。

そこで無我夢中で色々なことに挑戦するうち、気づけばニューヨークに突撃していたというわけです。

そして、そこには苦しいを通り越して、笑ってしまうほどに厳しい現実が待っていました。

もうとにかく、何もできない。本当に何もできない。

日本を離れて初めて、自分が生きていける場所は、広い地球の中で日本という小さな居場所だけだったんだと強く感じました。

素敵な出会いがあった!

しかし・・・

その2ヶ月後、その考えが180度変わりました。

友達、クラスメイト、先生との出会いのお陰です。

まずは英語が少し話せる韓国人の友達。

共通の趣味をきっかけに知り合い、私の意味不明な英語での会話に毎日毎日何時間も付き合ってくれました。

次はみんな英語が話せないクラスメイト。

お互い英語が分からない同士、授業についてあーでもない、こーでもないと、未熟な英語で話していました。

そして先生。

不思議と先生の話す言葉は理解でき、とても上手く導いてくれているようでした。

彼らに出会ってから、見える世界が急激に変わっていきました。

自分の居場所が世界中に広がっていくような感覚

衝撃的な英語の変化を経験

毎日街へ出ると「これも分かる」「あれも分かる」と理解できること言えることが、物凄いスピードで増えて行きました。

そして、その頃から自分が英語を話していることを「忘れる」ようになりました。

もちろんまだまだ下手でしたが、あまりに楽に話せるので、一日中英語で話していたことに後で気づいて、自分でも驚きました。

さらに、日本だけだった自分の居場所が、世界中に広がっていくような感覚がありました。

まるで、狭い部屋で一生を過ごすはずが、急に家の外に出ていいと言われたようでした。

この時、経験した衝撃的な英語の変化や喜びを日本で再現することが私の目標になりました。

SSUPの出発点

日本で英語を伸ばす方法は??

3ヶ月の海外生活が終わり、日本に帰ってきました。

たった3ヶ月で別人になったような感覚でした。

英語を伸ばす楽しさと、英語を通して初めて気づいた“世界の面白さ”に夢中になっていました。

でも、どうしてこんな体験ができたのか。

たった3ヶ月で「自分はもう英語が話せる」という感覚が生まれたのか。

そこが出発点でした。

海外に行かないと、留学をしないと英語は話せるようにならないのか。

日本で同じように、一気に英語を伸ばすことはできないのか。

その方法を見つけるべく・・・

10年間の実験が始まりました。

趣味を聞かれると「英語の勉強」と答える

英語学習に約10000時間

この10年間、英語習得の方法を見つけるためだけに努力をしてきました。

辞書を丸々覚える、文法書を丸々覚える、シャドーイング、リピーティング、音読、英作文、瞬間英作文、英会話、発音練習、ライティング添削・・・

高校/塾 英語指導7年
米ミシシッピ大学大学院2年留学
英語教育学 修士号取得

英語学習総計 約10000時間、英語学習テキスト 200冊以上 、スピーキング練習 約1000時間

趣味を聞かれると「英語の勉強」と答えるほど。(随分引かれましたね…)

体調を崩して入院した時も、病院のベッドで勉強。(休みなさいよ…)

休みの日も、お金も、ほとんど「英語の勉強」に使いました。

この時、たった3ヶ月で伸びたんだから、日本にいても必ず伸びると信じていました。

「英語を話せるように」は自分一人だけの目標ではない

日本で英語を習得できない??

しかし、何を試しても、ニューヨークで過ごした3ヶ月の成長には到底及びませんでした。(何かが違う…)

知識は増えるけど、英語が日を追うごとに話せるようになる感覚が全くない。

正直、不可能なんじゃないかと諦めそうになったこともあります。

海外に行かないと、それが簡単にできるほど裕福でないと、日本で英語を習得することはできないのか。

日本でもとんでもない努力をして英語を身につけた人はいるけれど、それしか方法がないのか…。

みんな英語を話せるようになりたい

そんなある日(高校で英語の講師をしていたとき)、当時の教え子が「英語を話せるようになりたい」と真剣な表情で相談にきました。

その時、これは自分一人だけの目標ではないことに気づきました。

きっと今まで多くの人が挫折したに違いない。

だから、また私みたいな人がゼロから試行錯誤をしている。

ここで自分が諦めたら、次の世代はまたゼロから同じ無謀な努力を繰り返すかも知れない。

でも、自分の失敗が100回続いても、101回目で成功すれば・・・

多くの子どもたちが同じ失敗をしなくてもよくなる。

SSUPが完成

SSUPは子どもが英語を話せるようになるスクール

そうして10年後、世界中の研究やテクノロジーの進歩も後押しして、ついにSSUPの原型が生まれました。

そこから3年の月日をかけ、現在のSSUPが完成しました。

3000時間~5000時間の英語環境を確保できて、同じレベルのクラスメイトと一緒に学んだり遊んだりできて、英語が話せるようになるまでの最適なカリキュラムがあって、バイリンガル指導ができる優秀な先生がいる。

英語を話せるようになるために必要な要素を全て詰め込んだスクールです。

SSUPは、日本にいても、子どもたちが英語を話せるようになるスクールです。

英語をもっと伸ばしたいお子さまも、これから英語を始めたいお子さまも、バイリンガルを目指したいお子さまも、SSUPは大歓迎です。

ぜひ体験授業にお申し込みください。

無料体験授業を実施中です!

お子様に合った教室かどうか?
楽しく英語を学べるかどうか?
オンラインで学べるかどうか?
あなたの目で確かめてみてください。

SSUP誕生ストーリーを公開しました

タイトルとURLをコピーしました